純国産健闘

2018/07/06

ロンドンのパルに中級のお墨付きをもらい、

やっぱりか・・・と思いつつ、何をもってして中級?と思い、

英語テストを受けてみた。

ちなみに英語のレベルを聞くときは、

”What is level of my English?"です。

What(何)なのね、どこ(where)とかHow(どのくらい)でもない。

中級の私は今日学びましたよ。

英語のレベルチェックにテストをしようとネットを探すと、

英語学校のテストがたくさんあった。

私は知らなかったのですが、オーストラリアなどにある英語学校に

入るためにはそれなりのレベルがいるらしい。

そして、その資格を有するかどうかの簡単なテストがHPで

チェックできる。

目指せ、脱 Intermediate(中級)!と燃えて、3つしてみた。

1つ目、6段階の上から3つ目。

2つ目、5段階の上から3つ目、

3つ目、5段階の上から2つ目、

すごい、さすが中級!どこまでやっても中級…。

Upper-Intermediate(中の上)とでた。

3つ目のテストの結果はUpper-Intermediateで

その上はAdvanced(上級)だったので、

まぁ、良しとしよう。

なんせ、純国産ですよ。最後に英語を学校で学んだのは高校で、

大学では一切、英語をしなかったのに健闘してる!

Upper-Intermediateがどのくらいのレベルなのかというと、

ワーキングホリデーの皆さんは、現地で語学学校に入り、

このレベルを目指しましょう、というところらしい。

私には十分すぎる結果かも。

この話をオーストラリアのパルにしたところ、

「私も日本語でそのレベルまで行きたいんだけれど、

あなたはどうやったの?」と聞かれた。

毎日単語を100個ずつ覚えて~、英字新聞読んで~、

英語で2時間くらい話せばこんな感じ?

きっと、それだけしていたらAdvanced(上級)でしょう。。。

英語圏やそれ以外のパルたちからの手紙を英語で読み、

文法無茶苦茶、支離滅裂な英語の手紙をせっせと書き、

(英語に限らず、日本語ででも同じですが…)

「これは勉強です!」と言いながら、日本語字幕をつけて

アメリカのドラマを見る。

・・・すごいな、私、何もしてないじゃないか。

だから、中級なのか。。。

「どこを目指すの?」と聞かれましたが、

間違っても通訳や翻訳者は目指していないし、興味もない。

ビジネス英語も買い物英語も興味がなく…

やっぱり井戸端会議英語とかママ友英語が一番楽しい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村